人気ブログランキング | 話題のタグを見る

意味は?と一語一語日本語で憶えようと、よくある初心者の方、
日本語と異なる時制や仮定法だけでなく、一単語がさまざまな
意味に使われるのも英語を投げ出す方の原因かも?例えば

My foot swelled up to three times the normal size when it was stung by a wasp.
swellはと・・、腫れるだなswell腫れるswell腫れるswell腫れる、よし憶えた!

Tourists swell the local population during the summer months.
人口を腫らした?増えたってことね!(become larger )、簡単

The banks of the river were swollen with the increased rainfall.
雨で川が腫れた?増水しただな、これも簡単(increase the amount of


His heart swelled with pride as he stood watching his son graduate
プライドに腫れた?? 誇りに満ちていたか!(felt very proud

The food was good and the service was swell.
サービスが腫れた?悪かった?なに~「すばらしい」だと!(very well

ocean swells
海が腫れた?分かった、すごい高波だな、え!ゆっくりとした波のうねりだって
the slow up and down movement of waves

単語は逐次日本語で暗記せず、お勧めの方法は

「例文」を大声で音読暗唱して憶える!です。


# by will7kzk | 2021-07-15 15:45 | 英会話

先日、Native教師によるspeakingの添削
あるセクションでnumerous(=many)errorsと指摘

でも、そこよりミスの少ない別セクションで
(a few) too many errorsとコメント

文章から単純に考えると理屈が合いませんが
ここでの too manyは 
そこでの限度を超えた、という意味だと

このような表現違いを考慮した訳文を
考えざるを得ないこともある対訳英会話

こんな例もあります
-As a small new company they did well to weather the recession.
-The company claimed that it would weather the downturn
and return to strong growth.

天気予報weather forecastで憶えている方は、このweatherの
to deal successfully with a difficult situation or a problemという
動詞を思いつかないかもしれません

どの媒体でもありふれたスタイル
「これ(日本語)を英語でどう言いますか?」

対話では、まず日本語が頭に浮かび
それを和文英訳して話すスタイル

中級者からお勧めするのは、
上記のように対訳を用いない
「いきなり英語」のスタイルです

英語圏に住み、生活全般が英語
という環境に身を置かなくても

「英々辞書の音読」

この累積を毎日の音読で増やす
毎日10分!必ず効果が表れます

あらゆる産業分野でのAI活用などと
言われ始めた今日

英語という武器を自由自在に使い
さまざまなジャンルの膨大な情報が活用できる
打てば響くような、実用的な英語力

資源を持たない国土の小さなこの国、
日本のために?
のような文言を見つけました

Education is the lifeblood
of a knowledge-based economy.







# by will7kzk | 2021-04-02 20:26

今googleで「英会話上達法」と検索すると
さて皆さん何件のヒットがあると思いますか?
約 2,990,000 件 !


勿論これらには、商業目的のプロパガンダ
から、真摯な研究まで含まれる玉石混合


このblogも同じタイトルなのですが
頭を冷やしてこの現象を考えると
いかに多くの方々が、最小の労力での
上達を求めておられるのかと、でも

escape from reality とならぬよう
要注意!
Someone is blurring the line 
between reality and fantasy.

つまり、仮に上記300万件の提言すべてを熟読
し、最短の「近道」を見つけたとても、

「自ら」
英語を読み聞き話し書く、

ことだけは省略できません

一流プロスポーツ選手の事実は

「一人でも」練習し
「長く続けている」

目と耳と口と手そして頭脳、これら
すべての動員が必要なことも同じです

ぜひ「一日15分の音読」を!

続ければ、きっと英語好きに。


# by will7kzk | 2021-02-13 18:05

Boys and Girls, Be ambitious !

コロナに始まりコロナに終わった今年も
あと数時間を残すまでとなりました
タイトルはBoys and Girlsとなっていますが
Ladies and gentlemenを含むとご解釈下さい

大袈裟ながら陳腐と言える始まりですが
今年は人類の未来を決定づけると言っても
よい程の、自然科学上の進展がありました

それは中国研究チームによる量子コンピューターが
我国のスパコン富岳をもってしても6億年掛かる計算
をわずか3分間強で終えた、という発表です

「量子」など関係ないとお考えの方も多いと思いますが
今日誰もがお世話になっているインターネットのHTML
文字、この発明はスイスにある素粒子研究機関CERN
によるものとのこと

余談ですが、量子力学と言われる全く新しい科学による
コンピュターが実用化されると、すべての暗号が無力化され
それは同時に全最新兵器が無力化されるとも言えます

表題に戻りますが、girlsを加えたのは今ご紹介する
サイトがLisa Randallという有名な宇宙物理学者が
女性であること、でもLGBT云々と言われる今日では
性別云々自体ナンセンスでしょう

しかし、このことによって良妻賢母等の伝統的価値観
を否定するのではなく、生命のなりたち宇宙など途方
もない事柄への興味に性別を持ち込む愚を知ること

自然科学に於ける人類未踏の域への挑戦を続ける彼女
を見習い、若い方々は和魂洋才などという妄言を無視

大いなるcreative thinkingを!

ダークマター等宇宙物理学の基本的用語の概略を
日本語で知った上で、次の彼女の公演をぜひ!
TOEFLの勉強にも役立ちます






# by will7kzk | 2020-12-31 18:40 | 英会話

boring

今日は余りにもよく聞くボヤキ、
そうです it's boring
これって、あの
the act or process of making or enlarging a hole
地面に穴を掘るボーリングもです

とにかくunremitting samenessには、時として
often resulting in listlessness or impatience
くたびれ、イライラが募ります

多いですね!同じような感情を意味する、同義語類語

dull slowness(ちんたらちんたらと)
tedious suggests (御託をくどくどと)
monotonous talk(また始まった、いつもの)
mundane matters(取るに足らぬ、陳腐な)
humdrum character(情熱を感じない)
dry reading(所謂、棒読み)
stultifying routine(惰性の)
repetitive tasks(また同じ繰返し)
long-winded speaker(長々とだらだらと)
irksome task(嫌になる)
tiresome fatigues (限度を超えた)
verbose speech(まとまりの無い)
wordy reply/memo (口数だけは多い)
まだまだ・・・

これらの表現は簡潔さを好み、繰返しを嫌う
軍隊調?のような英語文化の一端かとも
”A rolling stone gathers no moss”ですね

対し、「繰返し」の大切さを教える日本語文化

「苔のむすまで」や、「稽古」というこの国、
古(いにしえ)を稽(かんが)えるという意味
だそうですが、まずは先人の極めた技を繰返し
次の段階になって、さらに繰返しながら工夫を、
最終段階で工夫で身につけた技を新しく生かせと

英語日本語の文化、一見真反対のように見えますが
心の入らない、惰性の繰返しを戒めるのは同じ

いつも日本語で、日々の生活では口にしない英語

10分稽古のつもりで、ぜひ毎日の音読を!







# by will7kzk | 2020-12-03 15:25 | 英会話