英会話上達法

スキー&スノーボード2004-2005

ご先祖さまに学ぶ

ある空港出口での広告コピ-、"我流から一流へ"
これにいつも、違和感を感じてしまいます
          
アピ-ルの目的は、ステュワ-デスさんの技術でしょうが、
私の頭には、snobbish という単語が最初に浮かびます

洗練されたサ-ビスを受けるのは快適にちがいありませんが、
一流二流三流と、縦方向の同じ物差しを連想し、魅力を感じないのかも
そこにしかない、独特のものが強調してあると、知りたくなりますが

その点、大昔の日本人は少しスケ-ルが違ったのでは?
そう思うのは、武道に「守破離」という教えがあるからです
「守」とは教えの完璧マスタ-に全身全霊で努めること、
苦しい修行をはたすと免許皆伝、すなわち一流です

しかし、この教えの「志」には、驚きを感じざるを得ません
さらにさらに無限の挑戦を鼓舞するものだからです
「破」で、師という既存の完璧を乗り越えることを、
究極の高み、「離」で自ら新らしい流派を打ちたてよと

日本の武道や禅に魅了される西欧人が多いのは
そのメンタル面(心根)に、彼らの想像の枠を超えた
何か巨大なものを感じるからでしょう

お盆を迎えますが、今日の我々が遠い祖父から学ぶべきは
We are dwarfs standing on the shoulders of giants.
という謙虚さに違いありません
[PR]
by will7kzk | 2010-08-07 19:08
<< 2011,Be indepen... 日本がんばったネー!! >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
英語 英会話 一日一言
from 英語 英会話 一日一言
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism