英会話上達法

スキー&スノーボード2004-2005

「事実」から学ぶ!

英和辞書片手に英文雑誌、色鉛筆片手に英文法参考書、こんな光景を電車の中で
目にする度、見知らぬ方へ声を掛ける訳にもゆかず、複雑な気持ちになります

表情は楽しんでおられる風でないだけに、半世紀前も今も多くの方の英語への取り組み方
は変ってないのか!?それはNativeとの対話には役に立たない方法だからです

「発声」の無い、英語との関わり方

黙って勉強、学習、という取り組み方では「意思疎通の道具」とはなり得ず、
英語そのものを「学問」として扱うことを止めない限り状況は変わりません

最近、これとは対照的にすばらしい例に出会いました
http://www.youtube.com/watch?v=BdCpASsqPuk


Jascha Richterと言う方の“Take me to your heart ”という歌ですが、
クリアーな発音はデンマーク出身とは思えません!

「ヨーロッパ人だからね」と言われそうなので邦人の例です


http://www.youtube.com/watch?v=osWH3Uz6sZY#t=10

Madison Square Gardenでのライブとインタヴューですが、芸術性は別にして、
このYOSHIKIという方、発音がデタラメだと、果たしてこの場に立てたかどうか?
「道具」としての英語が見事に使われています

TOEICも、試されるのは「道具として使えるか?」です

今日から大いに音読、大いに歌いましょう!
[PR]
by will7kzk | 2014-12-04 17:27
<< 2015年、ボノボ式英語からの... 植物は動物より強し!? >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
英語 英会話 一日一言
from 英語 英会話 一日一言
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism