英会話上達法

スキー&スノーボード2004-2005

早期英語教育とナショナリズム

年毎に過熱する早期英語教育ですが、最近Twitterや出版
では批判的な意見を目にすることが多くなりました。

さすがに戦前の“敵性語”というような偏狭ナショナリズムを
唱える方はありませんが、主な反対理由は次のようです。

従前から強調されるのは、母国語の発達が不充分な段階で
外国語である英語を子供へ教えることの弊害です。

言語というものは文化的要素と不可分なので、母国語という
強固な基礎を持たない子供へ、英語教育を行うことは日英
両言語の能力を中途半端なものにしてしまうという訳です。

これは、母国語、自国文化、科学、算数、歴史の勉強が疎か
だと思考力もお粗末な子供を生むという問題と同根だといいます。

しかし最近では従前よりさらに深刻な、英語教育自体が国民
を「愚民化」してしまうという危惧が声高に叫ばれています。

理由として、元来英語偏重教育はいわゆる「新自由主義者」
の野望達成のための手段であって、グローバル・エリートと
国民一般を二極に分断し、多数の国民をグローバル資本の
下で低賃金で長時間働く奴隷に落とすためだとの見方です。

「英語による高等教育」までが一般化されると、「英語が下手でも
普通に生きていける国」ではなくなり、大多数の国民は「現地語」
と呼ばれる日本語を話す単純労働者の「発展途上国」になると。

その根拠の一つとして、受ける側の親ついて「多くが英語を話せず、
話すとカッコよく収入も安定すると思い込み、白人に対しビジュアル
コンプレックスを持ち、映画の刷込などで白人崇拝の状態にある」
と辛らつで、このままでは恐れが現実になると警告しています。

なお、人生全般で英語を使って情報を収集し思考を深めるなら別、
しかし少数の例外に限られるはずと注釈がなされています。
さて、皆様はどう思われますか?続きは次回まで・・・
[PR]
by will7kzk | 2015-09-12 16:10
<< やはり必要、英語教育! All talk and no... >>