英語は「子音とアクセント」

通常、国内で生活する上では英語を必要としないので
一般的には、我々が英語を口することは殆どありません

さまざまな原因があげられる、日本人が英語を話せない理由
ですが、単純に上記の環境によるものと断言してよいでしょう

では、逆にどうしたら・・・?ですが
これまた単純に、「毎日話す」です

相手もいないのに!と思いませんか?
相手を自分にすれば良いのです、それは「音読」

そこで「発音」云々の話しとなりますが
結論から言うと、発音とは「子音とアクセント」です

受験であれほど正しい母音の三択問題やったのに!

そうです例えば、イギリスの南部、ウェールズ、スコットランド、
アイルランド、オーストラリア、米国東部、カナダと皆違います

だって辞書には・・・とご立腹の方もおられますが
それは、one of themが表示してあるに過ぎません

以上は経験上から、述べましたが
referenceともいえる学者先生のコメント発見!

「西洋人の場合、子音が有意味音とみなされ左脳で認知されるが、母音だけだと、
自然音と同じく無意味音とみなされて雑音としてやり過ごされる」
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/12/3197.html?g=131205

たとえ日々10分でも
音読で「子音とアクセント(stress)」の再現を!
[PR]
by will7kzk | 2015-12-09 21:05


英会話上達法


by ウィル

プロフィールを見る
画像一覧