あえて「洋魂和才」!

日本の精神を忘れず西洋技術を取入れるべしと
いう言葉“和魂洋才”は明治に作られたそうですが

日本精神から、国学の本居宣長、「武士道」を書いた
新渡戸稲造、「葉隠」の山本常朝を挙げる方も?

この“日本精神“云々が声高に強調される時、その
対象となるのは国民、とりわけ若者となるようです

歴史を振り返ると、個人の範疇であるべき精神性が
国粋的教育と合体する時、若者は極めて非惨でした

大和魂を持たない英米など取るに足らず!という
空気を国民全員が共有していた時代が典型です

Perseverance will win in the end. Never give up!
と「精神力」は日本人の専売特許ではありません

しかし古代中国の火薬、活版印刷、羅針盤のように、
今日の我国の「自然科学」での発明発見は顕著です

寧ろ、知恵としての「社会科学」教育及びその根底と
なる意識改革、未だ西洋から学ぶべきは少なからず

英語を”敵性語”として拒絶した帝国日本とは逆に、
日本語を道具として扱った米国

英語に使われず

「道具」として使いこなせる2016年にしたいものです
[PR]
by will7kzk | 2015-12-26 15:14


英会話上達法


by ウィル

プロフィールを見る
画像一覧