人気ブログランキング |
ブログトップ

英会話上達法

logical or illogical

何やら、理屈っぽい話から始まります

ステレオタイプの日本人評としてよく言われるのは
熱しやすく覚めやすい国民性だとか、確かに
今日この国を見ると、「先の大戦」など記憶に無い?風。

辛い記憶は早く忘れてしまいたい、というメンタリティ?
対し、時効無くどこまでも追求されるナチスの戦争犯罪。

良く使われる「水に流す」との日本語、辞書には
let bygones be bygones とか、仲直りする意味で
to be reconciled, make up a quarrel とかを目にします
でも、日本人間で使われる意味合いとはどこか異なる?

ギリシャからの西洋哲学ベースの「ものの考え方」と
日本人のそれとは、かなり違うのではないでしょうか

表題の前者logical は、 the decision was a reasonable one
when all the facts were considered.
後者illogicalは、not reasonable, wise, or practical,
usually because directed by the emotions rather than
by careful thought.

英米人も、こと鯨となるとlogical?か、大いなる疑問ですが、
企業の営業部門で働いて居られる方々なら、人々の決断が
いかにemotionalなものか!日々体験しておられることでしょう

我々人類の歴史とは、この両者の戦いと言えるかも

logical thinkingの話になると
Induction =the process of reasoning a general principle from
a set of facts(帰納法)、
syllogism=a process of logic in which two general statements
lead to a more particular statement( 三段論法)で有名な
deduction=The inference of particular instances by reference to
a general law or principle. (演繹法)についても調べて見て下さい、
紀元前のアリストテレスさんの時代になってしまいます。

米国の医学教育はギリシャ哲学から始まるそうですが、
彼らにとっての人生や世界観は、倫理観や哲学と
不可分なのでしょう。日々目先のことばかりに汲々(?)
と生きている我々日本人とっては、脂っこい料理と
あっさりお茶ずけの違い!の方が分かりやすいなあ~。


# by will7kzk | 2019-07-19 17:17

「Take it easy!」

彼らが良く使うこの表現、同じような意味に使えても
「頑張ってね!」
が挨拶のような日本人には馴染みにくい表現かも。

試験会場や初めてのデートへ向かう時は、こう
「緊張しないでね」と言ってあげたいですね。
「Go for it!」「Good luck!」
も良く聞きます。

緊張をほぐす「Break a leg!」
(失敗してもいいじゃない)なんてのもあるとか。

まあ、日本人好きの根性努力という意味合いでは

「Bear up!」
「Keep going!」
「Keep it up!」
「Stick to it!」
「Hold on!」
「Hang on/out!」
「Do your best!」
「Never give up!」

などなど、ご存知の通りです。

でも受講生の方々にいっもお願いしてるのは、
「頑張らないでね!」でも
「10分いや5分の音読を!」




# by will7kzk | 2019-04-27 17:48

Don't put the cart before the horse!

タイトルのように本末転倒と解釈される表現から始めたのは、昨今の
AIに代表される、人間によらぬ他のもので課題解決を図る時代へと
益々加速される風潮に、やや疑問を感じることがあるからです。

最先端科学が応用される軍事面では、ドローンによる人間殺戮が
既に行なわれていますが、陸海空に於いてもロボットが人間を殺す
実戦へと、軍事技術の急激な革新が起きているようです。

軍事に限らず、民間でも専用ソフトによる航空機の操縦が実用化され
ている今日、エチオピアに続きインドネシアでも同じソフトウエア操縦
による墜落事故で、既に我々の命がITの掌中にある事実が明らかに。

逆に最近この国で報じられた笑える話は、大阪メトロ英語公式サイト
で堺筋線という「固有名詞」がSakai muscle lineに、
天下茶屋はWorld Teahouse、天神橋筋(六丁目)は
Tenjin bridge muscle 6-chome、3両目は
Eyes 3と翻訳され、そのままに案内されたと。
自動翻訳ソフトいうものが未だにこんなレベル?と驚かされます。

何事も便利になることは良いことですが、換わりに人間はどんどん
劣化、しかし医療現場での手術ロボットの活躍という現実を知ると、
もはやこの流れは停滞より進展にこそ夢があるように思われます

──「全人類の幸せを最優先に」という大前提を踏み外さぬ限り。


# by will7kzk | 2019-03-20 18:40

されど 「Read aloud!」

やれやれ、「音読」だって?もう聞き飽きたよ!
と仰る方もおられることでしょう

でも、毎日英語を話す英語圏であるにも拘わらず、子供に英語を
読み聞かせ、音読させることを広く行っているのは、日本語と同じ

まして、殆ど英語を話すことのないこの国で、常に自分の声で
英語を再生する方、しない方の上達の違いはご想像以上です

実際に行なってみれば分かることですが、黙って聞く
ことに比べ、発音アクセントに気をつけ声に出すのが
いかに易しくないか!お気付の方は少なくないことでしょう

「聞いてたら(声に出すことなく)自然に話せるように・・・」など
感覚ムードだけでのご判断に、ぜひ「理性」も加えて頂くことで
上達の実感を持っことができるようになります

昨今のインスタグラムではありませんが、視覚とムード
の奇抜さ目新しさに敏感な「感性」は貴重なものですが、
外国語習得には、「毎日声帯を使う」という「習慣性」を
ぜひ身に付けて頂きたいものです!!

(おまけ)
書き出しの「陳腐な」を意味する形容詞です、発音してみましょう
hackneyed
threadbare
clichéd
timeworn
tired
trite

# by will7kzk | 2019-02-16 18:07

Be a chatty boy/girl !

もしもご年配の方がこの表題を目にされると、当時の米国大統領から
このようなNicnameを授かった(?)日本の総理がいたことを思い出
されたのではないでしょうか。

でも今回はそうでなく、いかに「おしゃべり」が大切か!について。

通勤で毎朝小学校脇を通るのですが、今朝は「これこれ!」と。
低学年の子供達のワイワイガヤガヤ、すざましい黄色い声、
忘れてしまってるけど、大人の我々も同じ過程を経ているはず。

難しい語彙、文学的言い回しなど無縁で、小鳥のピイチクに似て
己の欲求、感覚を素直に口に出す子供達、しかしこれこそ
コミニュケーションの根っこ部分の練習と言えるでしょう。

「この言い方は違うんじゃないか?」とか
「これを言ったらまずいかも」
など自分でブレーキを掛けることなく、貧弱な語彙量ながら
自由に単語を発する日々、こういった積み重ねの有無が
Nativeと我々との最大の違いのひとつであることに疑問の余地
はないように思われます。
「沈黙は金」を忘れることこそが外国語の習得の鍵といえるでしょう。

to talk to someone in a friendly informal wayという経験が
殆ど無い我々、人を振り分ける「道具」ともいえる英語、
代表的な「学科」のひとつとして「小さな」ミスも許される
はずはありません、「恐怖心」はず~っと抱えたまま

このchat,speak,talkという声帯を使う練習を無視し、
聞きさえすれば話せるようになるとの誤った理解からは
一日でも早く卒業すること!

幼児子供になったつもりで、必ず声帯を使う、
外国語だけに間違って当然。SNSで文字の交換だけに終わらぬこと、

音読でピイチク会話でパアチク
もっともっと、お喋り小僧お喋り娘に!

最後に,こんなにもあるんですね!

Synonyms for say

add  announce  answer  assert  claim  convey 
declare deliver  disclose  do  estimate  express 
maintain  mention read  repeat  reply  report 
respond  reveal  speak  state suggest  tell  
voice  affirm  allege  communicate  conjecture
divulge  flap  gab  guess  imagine  imply 
jaw  judge  lip opine  orate  perform  pronounce
rap  recite  rehearse relate  remark  render 
rumor  spiel  utter  verbalize  yack break silence 
 come out with  give voice  make known  put forth


# by will7kzk | 2018-12-22 17:53