ブログトップ

英会話上達法

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「歌舞伎」ニューヨーク公演について

ニュースで見ただけ、ですが......
ショックでした、愕然としました。
いや、正直な所、腹立たしい思いがしました。
なぜ、歌舞伎役者が「英語」でしゃべるのかと!

歌舞伎の『セリフ/タンカ』は、
それ自体の中で重要な意味を持たないのでしょうか?
全くの門外漢の私でも、一瞬一瞬での『口上』に、
役者さんは心血を注いでいる位は理解できます。

どこの国の設定であっても、
皆が「英語」をしゃべるハリウッド映画ならともかく、
彼ら(母国語を英語とする人々)に「媚びている」感、は否めません。
いや、もっといえば歌舞伎という『文化』を冒涜する行為だといえませんか?
英国人の役者に日本に来てシェークスピアを、
「日本語」で、演じてくれと言ったら、彼らは何というでしょうか?

言葉は『文化』そのものです!
何でも翻訳/通訳で理解できると思うことは大いなる錯覚です。
『本物』は、その言語の『音声』で聞いてこそ!と思いませんか?
[PR]
by will7kzk | 2007-07-19 18:16

「知ってたのに!」話せなかった...悔しい!

「お勉強」で終わっていませんか?

単語帳まで作って、黙って一生懸命憶えたのに!
入試の文法問題も、毎日黙々解いて、自信あったのに!
発音が大切って聞いたから、発音の過去問を5年前までチエック!

勇んで英会話スクールの無料レッスンに参加したAさん、
外国人の先生も、スタッフの方も上手だって、ほめてくれたけど、
正直、殆ど何を言ってるのか分からなかったし、
わかったふりで、Yes,Noと答えるだけでクタクタ、

英語には自信あっただけに、その後の落ち込み様は、かわいそうな程でした、

これに似た光景、いまだに、至る所で繰り返されていませんか?

英単語の和訳を幾ら憶えても、「文法は得意だよ!」と豪語できても、
「スペル同じでもこの単語の母音とは違うんだよ!」と、自信タップリでも、
残念なことに、『音』を無視した勉強では、会話が不発に終わります。

英語の知識は自分の『声帯』で『音』にすることを、繰り返してこそ、
実際の対話で口から出て来ます。

「バブバブ」と何かを話そうとする赤ちゃんを知ってる方なら、
「な〜るほど!」ではありませんか?
[PR]
by will7kzk | 2007-07-03 17:58

英会話上達法