ブログトップ

英会話上達法

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

水戸黄門とBe independent!

先日、スーパーでアナウンスを聞きました
「保健所のご指導により....」
ペット同伴での買い物をは止めて下さい、
との内容でした

これって、お店としては構わないんだけど
お上の「ご指導」なので守ってくださいネ、
という意味でしょうか?

でも、こういった???は日本では「当たり前」
だと、気ずくのに時間は掛かりませんでした

日本には悪い奴をやっつけてくれる「お上」、
黄門さまや遠山の金さんがいるのです

特に今日では、
C型肝炎、年金記録、防衛省調達問題など
連日、問題続出のニュースばかりなので
「黄門さま」の登場が熱望されます

でも、「我国の現実」をよく見ると
悪代官、越後屋、ちりめん問屋組合
など映画のリメイクではないか?
と笑いたくなるほどの、
役者や組織が
殆んどの産業で、実在します !

これらの「仲間」に入らずに
生き延びるのは
易しいことではありません

明治を開いたのは人口のたった数%の
下級武士、終戦後はマッカ−サーと、
政治上は主役の「黄門さま」以外、
国民の殆んどは「通行人役」位の役回り、
を演じて来ました

日本人は、Be independent!より
「黄門さま」におすがりしておけば、
「安心」なんだよ、
と教育され続けて来たわけです

でも残念ながら
「黄門さま」は実在しません

ここらで現実を直視し、
周到にカモフラージュされた
悪代官、越後屋、ちりめん問屋組合
の正体を見抜く眼力をぜひ !

おすがりや付和雷同ではなく
「自分の頭で考え、行動できる人間」へ、

Be critical and independent !
[PR]
by will7kzk | 2007-12-12 15:47

あらためて independent とは?

戦時中の一時期を除き、
明治以来実施されて来た英語教育、
特に義務教育に取り入れられた、戦後の英語教育から
我々日本人が得たものがあるとすれば何でしょうか?

結論からいえば、「読み書き聞き話す」技術として
というより、「人間を選別する道具」として
利用されてきた側面が大きいといえないでしょうか、
つまり、英語という教科の点数は学歴社会での
優劣判断の道具として最大限活用され、
今も変わらない、という事実です

一部の先駆者からの
いびつな「語学教育を変えるべきだ」との主張は、
「学歴社会」という巨大な体制の中で、
力を得るまでには至りませんでした

「自分の考えをいかに英米人に伝えるか」ではなく、
与えられた表現を英訳する/和訳する訓練では
「自分の考えを醸成する」必要はなく、
”訳す機械”になるべく、半分以上の時間を
国語力の向上に費やすことになります

実社会の問題にhintを与えて
「自分の回答」を考えさせるより、

決められた表現の対訳という、
ある種の「spoon feeding」教育が
「受験勝者」をもたらし、
この「勝者」が現実の社会構造の中で
上部構造を形成するというシステムは、
現在の国際競争という荒波のなかで
変革をよぎなくされているのではないでしょうか

我国のprestigiousと看做される大学を卒業しながら、
国際語といえる英語を使って、さまざまな問題で
外国人と対等に議論を戦わすことができない事実は、
その理由の一つといえます

数十年前、日本人は自らを
エコノミックアニマルと自嘲しましたが、
バブルもはじけた現在、
「Independentな個人」とは、
自分の意見が言える(持っている)
ことではないでしょうか。




[PR]
by will7kzk | 2007-12-04 17:57

英会話上達法