ブログトップ

英会話上達法

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新年から「言い訳するな!」について


何かと真反対のことが多い日本人と英米人ですが、
この、”言い訳”についての態度は、
文化の違いを感じさせるひとつの典型です

この「言い訳」を国語辞典で引くと、
「自分の失敗、過失について、その理由を述べ、
自分の正当さを主張すること。申し訳。弁明。」
と説明されています

しかし我々が日常的に使う場合には、
「ダラダラと...する」とか「クドクドと...する」、などと
否定的に使われることの方が多いのでは?
特に「男性社会」と言われる職場などでは、
「言い訳をしない」ことは「男らしい態度」、
と受け取られ、逆の場合は
信頼を失うことも少なくないと思われます

これが、英米人の場合は完全に逆転し、
「言い訳をしない」ことは、rude(悪質無礼な態度)、
と受け取られることが普通です
とにかく、「説明」をしないといけないんです!

最近は「説明責任」なることばを良く聞きますが、
今もって、「ただ黙って謝る」ことが
最上の解決策となりやすい我国の場合、
文化上のギャップは、我々が通常思っているより、
相当大きいと考えるほうが無難です

語彙の上でも英英を引くと、状況により
正当な言訳、善悪両方、こじつけたウソの場合で
reason, excuse, pretextと
「明確に」使い分けられることが分かりますが、
このことを分かり易く説明している
和英英和に簡単には巡りあえません
[PR]
by will7kzk | 2008-01-03 12:17