<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もっと話せる!

教科としての英語を小学校低学年から始めるべきか否か、
延々と議論が交わされているようですが、こと英語教育に
ついては今日まで過剰?と言ってよい程の論戦がなされ、
「英語によるコミニュケーション力」の必要性が力説されて
久しいのに、「意思疎通の道具」としての英語がこれ程普及
しない国も珍しいのではないでしょうか?

大きく見た場合、その原因は語彙文法といった技術的な問題
より、個人の心的要因の方がはるかに大きいと感じます。

その実例は、英語が話せないと繰り返される方々に共通する、
“正しい英語を話さねば“、という強迫観念を伴った心理です。
どんな小さなミスも恐ろしいと自らブレ-キをかけてしまう姿は
まさにありふれた光景です。

「わっはっは、たかが英語」
間違いにこの感覚で取り組めれば、どれほどかスムーズに
英語に「慣れる」ことができるのに!

「勉強」という意識を捨て「声帯を使う発音、アクセント、リズム、
スピ-ドの運動」と思えば、毎日10分間の運動とネイティヴとの
face to faceで、恐怖心が起きることはなくなります。

一人カラオケとしての音読、それを使う対話に「声に出す楽しさ」
が感じられゝば、さらなる上達は決まったも同然、あとは「現実の
社会への興味」で話せる表現は飛躍的に広がります。

語学勉強ばかりで「話す内容」を持たねば“沈黙”しかありません。
黙読よさらば、声帯を使おう!もっと社会への好奇心を!






[PR]
by will7kzk | 2013-07-17 21:01


英会話上達法


by ウィル

プロフィールを見る
画像一覧