<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

母音の発音も「○×学習」?!

ある公立高校でイギリス人AET(文科省がJETで招聘した外国人英語教師助手)
の母音の発音が間違っていると邦人英語教師が指摘、言われた彼は「???」
日本人教師は自信満々で辞書の発音記号をさし示し「ほら違うだろ!」

これはジョークでなく、この現場にいた生徒から直接聞いた本当の話!

でもさらなるだめ出しは、後日このことを日本人英語上級者(英検1級)話すと
注意した日本人教師の行いを「りっぱですね!」と本気で褒めたことです。

この実例は、ある高等学校での特殊な例ではなく、この国の英語教育が
いかに教条的で、実際とかけ離れているかの典型例だと感じました。

英語の母音は辞書での分類だけでも、あまりに種類が多く(約30通り)
業務を共にした少なくとも200名以上のNative英語教師も皆違いました。
巷で現に話されている異なる母音の発音となると見当もつきません。

TOEIC/TOEFLのリスニングテストにおいて、母音の異なる複数の話者
への変更は、主催者の説明通り、よりauthenticな目的に適っています。

しかしこの国の大学入試に於いては、受験者を落とす目的とはいえ、
未だに「重箱の隅をつつく」文法問題が相いも変わらず出題される始末!

英語嫌いは自慢にはなりませんが、事情を知る限りそんな方々のことを
「被害者」とも呼びたくなるのです。

最後に辞書に掲載されているRP(received pronunciation)なるものが
いかなるものか?いかに多くの異なる母音が話されているか!
Native学者(英国の例)による映像をご紹介しておきます。

Learn British accents and dialects – Cockney, RP, Northern, and more!


[PR]
by will7kzk | 2017-03-04 19:18


英会話上達法


by ウィル

プロフィールを見る
画像一覧